光学製品づくりのエキスパートを目指すなら新亜光学工業株式会社がオススメ

>

光学分野のエキスパートを育てるのも1つの仕事

職場環境が良いのでスキルアップはしやすい

研究や開発、製造などの仕事をする新亜光学工業株式会社。閉鎖的な雰囲気の会社ではないため、協調性や仕事へ誠実に取り組む姿勢があれば、馴染むまでに時間が掛かりません。

また、一人ひとりの社員が光学分野のエキスパートを目指すべく仕事に励んでいます。成果主義の観点で仕事を進めても、ギスギスするなど職場環境が悪くなりかねません。その点は社員同士で理解しながら、仕事を進めています。

新製品の販売や特許申請に向けた目的で社内勉強会の機会を設けており、部署を問わず誰もが参加可能。自分なりの考えについて質問や疑問をすれば、一人ひとりが丁寧に答えてくれます。特に部署を問わず違った角度からの意見は参考になり得るポイントで、スキルアップへと繋がりやすくなるでしょう。

能力面で求められること

光学分野のエキスパートとして新亜光学工業株式会社で働く場合、それに見合う能力は求められます。

特に研究や開発の仕事であれば、大学院で工学研究をした実績を持っておくと良いでしょう。特許申請や新たな商品開発を行う応用研究の仕事があるため、博士課程レベルのスキルが求められます。製造や検品の仕事をする場合、手先の器用さやスピード、細かな所まで確認できるスキルは大事。

しかし、各種単に能力があって自分の得たスキル以外受け入れられない人は、長く続けるのは難しいでしょう。社員と一緒に働くための協調性であったり、顧客が求めていることを第一に考えたりできる人は、新亜光学工業株式会社では好まれやすい傾向。上手く自分の能力とマッチングできれば、職種を問わず第一線での活躍へと繋がるのではないでしょうか。


この記事をシェアする